コンテンツ一覧
  • オフィス移転東京21の強み
  • オフィス移転実績
  • オフィス移転の流れ
  • 大規模なオフィス移転について
  • よくあるご質問
  • オフィス移転お役立ちコラム
  • オフィス移転を成功させる5つのポイント
  • オフィス移転のご案内・サポート担当者のご紹介
  • オフィス移転関連用語集
  • お問い合わせ
  • 無料お見積り
  • 資料請求
  • 会社概要
  • 採用情報
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

リンクスジャパン

ADDRESS

〒105-0004
東京都港区新橋1-18-16
日本生命新橋ビル9F

TEL

TEL:03-6206-1440
FAX:03-6206-1441

スマートフォンサイトはこちら

事務所お引越しお役立ちコラムcolumn

精密機器の梱包について【東京 事務所移転コラム】

東京都の事務所移転・オフィスのお引越しを担当しているオフィス移転東京21です。
当社では、御社の移転プロジェクト成功に向けて様々なサポート体制を整えております。

オフィス移転に関するプロフェッショナルが、皆様のお困りごとを解決いたしますので、移転に関するご相談は、オフィス移転東京21へお気軽にどうぞ!

今回の事務所お引越しお役立ちコラムでは、「精密機器の梱包」についてご紹介いたします。

個人のオフィス機器(デスクトップPC・端末等)の梱包方法

【梱包手順】
・移転前(お客様作業)
※梱包資材は事前に納品致します
1:機器本体の電源を切ります
2:機器本体・モニターに付いているコード等の離線を行います
3:離線したマウス・キーボード・コード等をビニール袋に纏めます
4:モニターにエアキャップ袋を被せます
5:機器本体・周辺機器を纏めたビニール袋・ エアキャップ袋を被せたモニターに移転用のラベルを貼付します

・移転当日(ヒガシオフィスサービス作業)
6:必要箇所に静電気防止のロールを巻き付け梱包します
7:破損の恐れがある部分について、パーツを取り外し、テープ止めを行います
8:精密機器輸送専用の箱(OA段ボール) と緩衝材(ウレタン)を用いて、
内容物の衝突が発生しない事を確認しながら梱包を行います
9:精密機器輸送専用の箱(OA段ボール)に移転用のラベルを貼付します

オフィスには様々な精密機器があると思いますが、移転後の事務所でもこれまで通り問題なく使用していくためには、移送中の事故を避けなければなりません。
オフィス移転東京21では、ITサポート事業を行っているため精密機器の取扱い・梱包についても専門知識を持っております。
梱包資材の使用方法等が不明の場合、お気軽にご相談ください。

共有のオフィス機器(複合機・シュレッダー等)の梱包方法

【梱包手順】
・移転前(お客様作業)
1:機器本体の電源を切ります
2:機器本体コード等の離線を行います
3:複合機にフィニッシャーが付いている場合は複合機業者に解体・離線を依頼します
※移転後の組立・結線の依頼も合わせてお願いします

・移転当日(ヒガシオフィスサービス作業)
4:破損防止の為、開閉する部分のテープ止めを行い、場合によってはパーツを取り外します
5:本体に伸縮自在なキルティングや静電気防止のロールを巻き付けて梱包します
6:必要で有れば雨等の水気による機器破損と擦り傷キズ防止の為に、ラップフィルムをかけて搬出準備完了となります。

普段はあまり意識しないかもしれませんが、複合機やシュレッダーもオフィス内の重要な精密機器です。
搬入・搬出時の事故を防ぐことは、快適なオフィス移転を実現する上で、非常に重要です。
移転後もお客様がスムーズに通常業務が開始できるよう、オフィス移転東京21がサポートいたします。

移転説明会資料

オフィス移転東京21では、移転前に「移転説明会」を開いております。
事務所引越しの成功のカギは、業者選びだけではなく社員様・スタッフ様のご協力があってこそです。
そのため、移転の際に重要な内容について、皆様へご説明する機会を設けております。

その際に配布する資料で、PC梱包についてご紹介いたします。
こういった資料を配布することでオフィス移転に対する理解を深め、ご協力をいただけるよう働きかけを行っています。

オフィス・事務所の移転に関するご相談なら
オフィス移転東京21
TEL:03-6206-1440
(受付時間 平日午前9時〜午後6時)
メールでのお問い合わせはこちらから


無料お見積り・お問い合わせはこちらオフィス移転に関する資料請求はこちら
お見積
お問合せ
ページ
最上部へ
TOP
PAGE